オフィスの内装工事中のトラブル回避


 オフィスの内装を変えるような工事をするときは、規模にもよりますが騒音が発生したりする可能性はもちろんありますし、工事内容によっては素材から強い匂いが出ることもあります。
そのため、周りに他のテナントが入っている場合は、工事はたいてい休みの日を中心にして進められます。

 しかし、あらかじめ周りのテナント関係者などには、トラブル防止のためにも工事の旨を連絡して挨拶しておかなければなりません。騒音、匂いなどがどの程度出るか予想できる場合は、その点も細かく連絡しておくといいでしょう。

 上記のように休日を選んで内装工事をする場合は、どうしても時間がかかります。それだけ長期間にわたって周りへの影響があるということですので、気配りは忘れないようにしましょう。

 騒音や匂いに関してもそうですが、どれくらいの期間を必要とするのか、工事をお願いする際に確認しておくことが大切です。他、電気の容量を増やしたり、エアコンをつけたりという作業など、どんな工事内容になるのかは把握しておきましょう。

This entry was posted in オフィスレイアウトの準備. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります