オフィスレイアウトの失敗事例


オフィスは、そこで働く人達が一日の大半を過ごし、また人生のほとんどの時間を費やす場所と言っても過言ではありません。
それだけに、最近はオフィスの環境をよくして働きやすいようにデザインやレイアウトを変えていこうという考え方が広まりつつあります。

 ただ広い部屋に机を並べるだけでは無味乾燥ですし、最近はインターネットを使う仕事がほとんどですから、配線をうまくできてしかもコンピューターを増やすときにも最小限の手間ですむようなレイアウトをしておかなければなりません。

 オフィスレイアウトの失敗事例として多いのが、動線が非効率的であること、用意した家具がうまく入らない、収納が大きすぎるまたは小さすぎる、エアコン、照明などの動作効率が悪いなどです。また、ぎちぎちにものを詰めすぎて、空間に余裕がなくなり逆に環境が悪くなったという例もあるようです。他には、インターネット、パソコンの配線が、台数を増やしたときに対応できるようになっていなかったという失敗事例もあります。

 オフィスデザインを変えるときは、まずどんな目的でレイアウトをするかをしっかり決めてから、専門業者に相談しましょう。

This entry was posted in オフィスレイアウトの事例. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります